HOME › 美味しい調理方法・レシピ

美味しい調理方法・レシピ

伝統と技がつくりあげた、豊富な麺のバリエーション。ツルッとしたのどごし。ツヤのよさ。シコシコした歯ざわり。
それぞれの麺の風味を心ゆくまでご堪能ください。

かけうどん

かけうどん

もみ洗いして、引き締めたうどんを一度さっと熱湯に通して、温めます。それをアツアツのつゆに入れてお召し上がりください。かけつゆは、熱いお湯で薄めてご用意ください。
かけうどんの具は、お好み次第、きつね、天ぷら、わかめ、かまぼこ、生卵(月見うどん)、なめたけお肉、等などいろんな具をのせて、お楽しみください。

瀬戸一番さぬき生うどん

かまあげうどん

かまあげうどん

釜あげうどんの場合は、水洗いしません。
茹であがったうどんとゆで汁をそのまま器(どんぶり、桶等)に移します。つけつゆは、熱いお湯で薄めてください。薬味は、ねぎ、おろし生姜などをご用意ください。熱々のうどんのすべるような口当たりと喉ごしのうまさをお楽しみください。
ざるうどんと並んで、シンプルですが麺本来の美味しさを楽しめるメニュ―です。

瀬戸一番さぬき生うどん

ざるうどん

ざるうどん

茹であがったうどんをざるに取り、流水でもみ洗いして、ぬめりを取りうどんを引き締めざるなどの器に盛って冷たいつゆでお召し上がりください。
薬味は、ごま、わさび、刻み海苔、ねぎなどが最適です。

細切り冷しうどんには、ごま、わさび、刻み海苔がセットされています。さわやかな喉ゴシをお楽しみください。

冷やしうどん

冷やしうどん

茹であがったうどんをざるに取り、流水でもみ洗いして、ぬめりを取りうどんを引き締め水を張った器に氷を浮かべ、その中にうどんを浮かべて冷たいつゆでお召し上がりください。
薬味は、ごま、わさび、刻み海苔、ねぎなどが最適です。

細切り冷しうどんには、ごま、わさび、刻み海苔がセットされています。さわやかな喉ゴシをお楽しみください。

しっぽくうどん

しっぽくうどん

季節の野菜や鶏肉などのお肉をだし汁とともに煮込み、茹でたアツアツのうどんの上にかけてお召し上がりください。
寒い季節にぴったりの、本場さぬきの家庭の味です。

瀬戸一番さぬき生うどん

おろしうどん(抹茶)

おろしうどん(抹茶)

ざるうどんの上に大根おろしをのせて、濃い目のつゆ、だし醤油等を適量かけてお召し上がりください。
特に抹茶うどんと大根おろしの相性は、抜群です。添付のつゆを薄めずに適量かけて召し上がってください。

美味しい食べ方

瀬戸一番さぬき生うどんのゆで方

■ゆで時間の目安(鍋に麺を入れてからの時間です)

  • ・瀬戸一番さぬき生うどん、包丁切り瀬戸いちばん【約15分】
  • ・抹茶うどん【約10分】
  • ・包丁切り瀬戸いちばん【約13分~14分】
  • ・細切り冷しうどん【約7分】

【ポイント】2~3人前を茹でる場合は、最低でも直径24cmくらいの鍋が最適です。小さい鍋しかない場合は、うどんの量を減らしてください。

大きな鍋とたっぷりの沸騰したお湯を用意します

うどんをゆでる時は、お家にあるできるだけ大きな鍋と沸騰したたっぷりのお湯をご用意ください。お湯の量の目安は、麺100g(約1人前)に対して1リットル以上です。
必ずお湯が沸騰するのを待ってからうどんを入れてください。あせりは、禁物です。よく沸騰したお湯の中へうどんを入れると、まず表面に熱が加わり表面が糊化して、小麦粉のでん粉質が溶けでないよう壁を作ります。

注意

※必ずたっぷりのお湯を用意してください。

  • お湯が少ないと、よく沸騰していても、麺を入れると急激にお湯の温度が下がり麺の表面の壁がうまくできないうちに、でん粉質が溶け出すことがあります。
  • うどんに含まれる塩分は、茹でている間、鍋の中に溶けだしていき、お湯と置換して、中まで熱を通し、また歯ざわりのソフトなうどんが出来上がります。しかしお湯が少ないと、塩分が溶け出しにくくなって、うどんが塩辛くなったり、茹で時間が長くかかったり、歯ざわり、喉ゴシの悪いうどんが出来上がります。
  • 同じお湯で何度も茹でると、茹で汁の塩分濃度が高くなって、やはりうどんの塩分が抜けにくくなります。何度かに分けて茹でる場合は、お湯も交換してください。

火加減 強火

麺を鍋に入れます。

お湯が沸騰しましたら麺を袋から取り出し軽くさばきながら、静かに入れます。火加減は、強火のままです。

火加減 強火

軽くかき混ぜます。

ほぐすように軽くかき混ぜます。火加減は、強火のままです。

火加減 強火

沸騰するまで強火でゆでます。

麺を入れると、お湯の温度が下がり、麺は一旦鍋の底に沈みますが再度沸騰しながら浮き上がってきます。
沸騰するまでは、強火でゆでてください。

火加減 少し弱く【ポイント】ひと煮立ちしたら、後は一定の温度でじっくり茹であげることが、美味しいうどんを茹でるコツです。

吹きこぼれそうになったら火を少し弱くして茹で上げます。

再度沸騰しましたら、火を少し弱くして鍋の中で麺がゆっくり踊っている状態で茹で上げます。
麺がまた沈んでしまう場合は、火加減が弱いので少し強くしてください。
麺類を茹でる時、ずっと強火で茹であげて、沸きあがってきたら差し水(びっくり水)をする方法もありますが、これは”そうめん”や”ひやむぎ”など細物を茹でる時に使うやり方で、うどんには、瀬戸一番ではお勧めしません。

注意
  • 強火のまま茹でると鍋の中でうどんが暴れまわり、うどん同士がこすれ合って表面を傷つけてしまいます。
  • 差し水をして、鍋の温度を変化させることも良くありません。

火加減 少し弱く

茹で加減を確認し、残りの茹で時間を決めます。

茹であがり時間が近づいてきましたら、一本麺を取り出し食べてみて、茹で加減を確認し、残りの茹で時間を決めます。

やけどに注意

茹であがりましたら、ざるに移します。

茹であがりましたら、ざるに移します。
釜あげうどんの場合は、茹で汁と麺をそのまま器(どんぶり等)に移し、熱いつけつゆとおろし生姜とねぎを入れて、お召し上がりください。

なめらかでコシのあるさぬきうどんのできあがり!

冷水にさらし手早くもみ洗いします。

茹であがったうどんは、すばやく冷水(水道)でもみ洗いしてぬめりを取りシャキッとうどんを引き締めます。なめらかでコシのあるさぬきうどんの出来上がりです。

■かけうどんでお召し上がりになる場合

揉み洗いしたうどんは、冷たくなってます。熱々のつゆにそのまま入れるとつゆも冷えてしまいますから、麺を熱いお湯にさっと通してから、どんぶりに入れます。そうすると麺も暖かくなり、コシがあってソフトな食感の讃岐うどんがお楽しみいただけます。

■釜あげうどんでお召しあがりになる場合

茹であがったうどんと茹で汁をそのまま、器に移します。水洗いはしません。

■冷しうどん、ざるうどんでお召上がりになる場合

うどんを少し軟らかく茹でて、できるだけ冷たい水でキュッと締めると、美味しさが際立ちます。

浦島の里の中華そば、冷やし中華のゆで方

■中華そばを美味しくお召し上がりいただくために・・・

(1)必ず多めの沸騰したお湯で茹でてください。
お鍋のお湯が沸騰してから麺を入れて茹でてください。一番大切なことです。
お湯の量も余裕をもって茹でられるよう多めにご用意ください。
インスタントラーメンのように少ないお湯では、茹でることが出来ません。
(2)茹で時間は、1分半~2分です。茹で過ぎないことがコツです。
麺が細いのですぐに茹で上がります。
茹で時間は、お好みで1分半~2分の間で茹でてください。
茹ですぎにご注意ください。
(3)スープは麺を茹でる前に用意しておいてください。(お好みの薬味の用意も)
麺を茹でながら、あわててスープや薬味の用意をするのは茹で過ぎを起こすもとです。茹であがり時間がきたら鍋からすばやく麺を取り出し、水分をよく切ってすぐ丼に入れることが肝心です。

■中華そばのゆで方

茹ですぎ注意!

お鍋にお湯を沸かします。

このとき、スープ用のお湯も準備します。

スープの用意をします。

丼にスープを入れ、規定量(300cc)の 熱湯で混ぜ合わせます。

鍋に麺を入れます。

お鍋のお湯が沸騰しましたら袋から麺を取り出し軽くほぐしながら鍋に入れます。茹で時間は、ここから1分半~2分です。
(麺と一緒に入っている白い小袋は取り除いてください。)

火を調整して茹でます。

一度炊き上がったら吹きこぼれない程度の強火に調整して茹でます。
途中、麺が固まらないように箸で軽くさばいてください。

麺の水気をよく切って、スープに入れます。

茹で時間がきましたら、手早くざる等で麺をすくい取り水気をよく切ってすぐスープの入った丼に静かに入れてお召し上がりください。

■冷やし中華のゆで方

中華そばより約1分ほど余分に茹でます。

茹で時間:2分半~3分
冷し中華の場合は、あとで冷水でしめますから、熱い中華そばより約1分ほど余分に茹でてください。

冷水でシャキッ、シコシコ麺の出来上がり。

麺が茹で上がりましたら、すばやくざるに取り冷水で麺をしめます。
お皿に盛ってお好みの薬味をのせてお召し上がりください。

小豆島手延べそうめんのゆで方

お湯が沸騰しましたら、麺を入れます。

鍋のお湯が沸騰しましたら、そうめんの帯を外して、ばらして静かに入れます。(スパゲティをゆで時のような要領です。)
ご注意 帯を外したそうめんを束のままばらさないで入れますと、麺同士が引っ付いてしまいます。

注意
  • 帯を外したそうめんを束のままばらさないで入れますと、麺同士が引っ付いてしまいます。

麺が引っ付けないよう箸で軽くさばきます。

お湯の中で麺が少し軟らかくなりましたら、麺が引っ付けないよう箸で軽くさばいてください。

差し水をします。

そうめんの場合は差し水をします。沸騰して吹きあがってきたら、コップ一杯程度差し水をします。
火は、強火のままです。

再沸騰しましたら火を止めます。

もう一度沸騰して、吹きあがってきましたら火を止めて出来上がりです。

軽くもみ洗いして冷します。

出来上がった麺をすばやく冷水にさらして軽くもみ洗いして冷します。

冷たいつけつゆでお召し上がりください。

水を張った器に、氷を浮かべて麺を入れます。冷たいつけつゆでお召し上がりください。
又、お味噌汁やお吸い物の具としても美味しくお召し上がり頂けます。

太打ちそばのゆで方

【ポイント】ちょっと硬いと思うくらいで火を止め、すばやくみずにさらしてもみあらいしてください。

うどんと同じように茹でます。

茹で時間:約8分
沸騰させたお湯の中に麺をバラバラと入れ軽くほぐしてください。

注意
  • お湯の量の目安は、麺100gに対して1リットル以上をご用意下さい。

沸騰したら弱火にし、約8分ほど茹で上げます。

再度沸騰しましたら吹きこぼれない程度に火を少し弱め鍋の中で麺が踊っている状態で約8分お好みの硬さに茹であげます。

麺をざるにとり、冷水でもみ洗いします。

茹であがりましたら麺をざるにとり手早く冷水で、もみ洗いしてぬめりを取り、麺を引き締めます。

■ざるそばの場合

付属のつゆを水で希釈してつけ汁を用意します。水洗いした麺を器に盛り、つけ汁に浸けてお召し上がりください。

■かけそばの場合

付属のつゆをお湯で希釈して器に入れます。水洗いした麺を熱いお湯にさっと通して麺を温め、つゆの入った器に麺を入れ、お好みの具(天ぷら、わかめなど)をのせてお召し上がりください。

■ひとくちメモ■

本品を茹でる前に、15分~30分、静かに水に漬け込んで水戻しします。その麺を沸騰したお湯で茹でて頂きますと、生そばの風味を益々お楽しみいただけます。
(水戻しには流水やお湯の使用、漬け込み過ぎは、麺が崩れますのでご注意ください)

つゆについて

瀬戸一番さぬき生うどん 瓶つゆぶっかけセットに添付しています。
天然醸造醤油にかつお節、さば節、しいたけ、昆布等の天然材料のだしをたっぷりきかせて調合した風味豊かな「瀬戸一番ブレンド」の万能麺つゆです。麺類のだしとして、またお料理の味付けや鍋物の割下としても幅広くお使い頂けます。
(希釈用だし360ml入り)

つけつゆ 希釈倍率
つゆ1:水(熱湯)2~3
本品25ccに対して
水50cc~75ccで75cc~100ccのつけつゆが出来あがります。
かけつゆ 希釈倍率
つゆ1:水(熱湯)6~7
本品35ccに対して熱湯210cc~245ccで245cc~280ccのつけつゆが出来あがります。

半生讃岐うどんパック入(つゆ付)に添付しています。
本醸造醤油にかつお節、いりこ、こんぶのだしをきかせた麺つゆです。
(希釈用濃縮つゆ 15ml入り 1人前)

つけつゆ つゆ1袋に対して
水(熱湯)60~70cc
かけつゆ つゆ1袋に対して
熱湯(水)250~270cc

半生讃岐うどん小箱入(つゆ・薬味付)細切り冷しうどんに添付しています。
本醸造醤油にかつお節、こんぶのだしを贅沢に調合した特製麺つゆです。
(希釈用濃縮つゆ 15ml入り 1人前)

つけつゆ つゆ1袋に対して
水(熱湯)60~70cc
かけつゆ つゆ1袋に対して
熱湯(水)220~250cc

安全へのこだわり

ご注文前に必ずお読みください

ご注文からお届けまで

通常、ご注文から2営業日~4営業日以内にお届けいたします。

  • ※時期・在庫等の関係でお届けまでもう少しお時間を頂く場合がございます。ご了承下さい。

お支払い方法について

お支払いは、郵便振替/コンビニ収納、代金引換、銀行振込がご利用いただけます。郵便振替/コンビニ収納の手数料は弊社負担で無料です。代金引換銀行振込の手数料はお客様にご負担頂いております。ご了承ください。
詳しいお支払い方法に関してはこちらをご覧ください。

返品・交換について

商品の製造・包装・衛生管理・出荷業務には万全を期しておりますが万一下記のようなことがございましたら恐れ入りますが弊社までお知らせください。早急に代替品をお送りさせていただきます。

  • ご注文いただいた商品とお届けした商品が違う場合
  • 商品の破損・不良品の場合

なお、その他の理由による返品につきましては、商品の性質上ご容赦願います。

配送方法・送料について

ヤマト運輸にてお届けいたします。ご指示いただければ、日本通運(郵便事業会社)も可能です。
送料はお届け先や重さによって異なります。ご注文受注後、送料を含めたお支払総額・お届け日は「ご注文ありがとうございます」メールにてお知らせいたします。

  • ※クール便対象商品につきましては1梱包に付き商品代金・送料とは別にクール料として210円頂戴いたします。

配送方法の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

配達希望時間の区分

注意事項

当店掲載の商品の画像につきまして、実際の商品と同じになるように撮影しておりますが、ご利用のパソコンのモニターによってカラーの見え方が違ったり、実際の商品と色味が多少異なって見える場合がございます。予めご了承いただきますようお願いいたします。

営業日カレンダー

定休日は、お電話での対応はお休みさせていただいております。サイトからのご注文・メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますが、ご連絡は翌営業日になりますのであらかじめご了承ください。

12月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

携帯サイト 左のQRコードを読み取ってアクセスすると携帯電話からもご利用いただけます。